お知らせ

平素より当院の診療にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。2016年9月より診療日に変更がありますので、お知らせいたします。

これまで休診日は 水・日・祝 でしたが、2016年9月より水曜日も診療いたします。休診日は 日・祝 となります。水曜日は数名の歯科医師、歯科衛生士で診療を行いますので、ご予約が取りづらいことがあるかもしれません。また水曜日の診療に伴いまして、歯科医師、歯科衛生士の出勤曜日が一部変更となります。ご理解の程よろしくお願い致します。

 

2016年9月21日〜

月・火・木・金 午前・午後 9時〜19時

      水           午前 9時〜13時・午後14時〜19時

      土           午前・午後 9時〜18時

★お知らせ★「健康を守り育てる歯科診療所」に認定されました

11895037_704982156270065_3829825990735099345_o.jpg

 西すずらん台歯科クリニックは、日本ヘルスケア歯科学会によって、患者利益となる歯科医療を実践できることが十分に証明されたとして「健康を守り育てる歯科診療所」認証審査会で認証を受けました。
来院されている方に十分な予防管理ができることをデータを持って証明し、厳密な診査により真にヘルスケア型医療を実践している歯科医院だけが認証されます。当院では開院以来スタッフ全員が一丸となり取り組んできたことが評価され大変うれしく思っています。認証試験の一環としてたくさんの来院患者さんにアンケートをお願いしましたが、皆様快くご協力いただき本当にありがとうございました。当院はこれを新たなスタート地点として、ますます歯科医療の充実に努めていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします。

治療器具の滅菌

スクリーンショット 2016-11-17 13.24.35.png 


  滅菌器1.jpg




以前、歯科治療器具の7割が使いまわしであるという記事が新聞に取り上げられていました。

患者様には大きな不安を与えるものであったと思います。

 

当院は、「高圧蒸気滅菌器」を使用し、歯を削る器具の患者様ごとの滅菌をおこなっております。

当院に来院されている患者さんデータのまとめ


ウィステリアという患者データベースソフトを使用し、歯科医院独自のデータを出し、

より良い診療にフィードバックしています


キャプチャ1.JPGスクリーンショッ .png

5歳児dft(乳歯)分布

 

          スクリーンショット1‘.png

 

        2016年8月までの来院者のうち5歳のdftのデータ入力があった84名

        dft ・・・ 健全歯以外の虫歯、修復の本数。大きければ悪い。

 

        dftが0 (虫歯無し)のきれいな口腔内は10人に1.5人です。

        当院の目標は虫歯無しを9人にすることです。

6歳児DMFT(永久歯)分布

 

 

          スクリーンショット2``.png

 

        2016年8月までの来院者のうち6歳のDMFTのデータ入力があった68名

        DMFT ・・・ 健全歯以外の虫歯、修復の本数。大きければ悪い。

 

        6歳は永久歯が生えだしたばかりですので、虫歯が全く無い方 (永久歯カリエスフリー)

        がほとんどです。

        この時期に永久歯が虫歯になってしまうのは要注意です。

12歳児DMFT分布


          スクリーンショット3‘.png  


        2016年8月までの来院者のうち12歳のDMFTのデータ入力があった25名

        DMFT ・・・ 健全歯以外の虫歯、修復の本数。大きければ悪い。


        12歳は大人の歯並び(永久歯列)が完成する時期です。

        半数以上は虫歯の無い状態です。

        当院の目標は虫歯の無い方が90%以上です。

        この頃から虫歯や歯周病になりやすくなってきます。

        大人の歯が全部生えたからと、安心しないで下さい。

            

20-24歳DMFT分布

 

 

 

          スクリーンショット4.png

 

        2016年8月までの来院者のうち20-24歳のDMFTのデータ入力があった321名

        DMFT ・・・ 健全歯以外の虫歯、修復の本数。大きければ悪い。

 

        20歳になると虫歯の全く無い方(カリエスフリー)は20人に1人しかいません。

        10代がいかに虫歯になりやすい時期かを物語る数字です。

        当院の目標は虫歯0の成人を90%以上にすることです。

DMFT分布

 

          スクリーンショット5‘.png

 

        6歳、12歳、20-24歳の時に来院し、DMFT記録が入力された患者のDMFT別割合

        永久歯の虫歯が、6歳まではほとんどなかったのに中高生〜成人までに一気に虫歯

        が増えている現状がわかります。

        カリエスフリーの率が6歳では96%、20歳になると一気に4%に激減しています。

        地域医療に携わる者としての課題は大きいと感じています。  

        6歳児の状態をキープすることが目標です。

        小学生時代と比べて生活習慣がガラリと変わり、忙しいので歯科医院に通院しなくなる

        中高生にメインテナンスを受けてもらうことが一番大切なことだと私たちは考えています。

年代別歯周病進行度

 

 

         スクリーンショット6`.png

 

         当院に通院されている患者様のうちデータ入力のあった3674名

 

         歯周病とは一般的に若い頃にスタートして、長い年月をかけて進行し、最終的に

         歯を無くす原因となる病気です。

         例えば20代後半からスタートした歯周炎が徐々に進行した結果、70代で歯が

         ほとんど無くなり、入れ歯の使用を余儀なくされる、といった経過を辿ります。

         当院のデータを見ても、20代〜30代で歯周病が始まり、それが徐々に重症化

         していく様子がわかります。

         このことから、まだ自覚症状のない20代〜40代の初期〜中等度の歯周炎のうちに

         しっかり治療をして、再発を防ぐためのメインテナンスに通うことが、歯にとって一番

         のメリットがあると考えられます。

年別メインテナンス受診率

 

 

        スクリーンショット7`.png

 

        1年間の受診の中で1回以上メインテナンスを受けた患者様と治療のみでメインテナンス

        を受けていない患者様の比率

 

        メインテナンスを受ける方が2013年では50%まで増えてきた。

        直近の2015年のデータでは59.2%の方がメインテナンスで通院されています。

        当院での活動が徐々に患者様に浸透していることがデータからもわかります。

        これからも健康を守り育てるメインテナンスの重要性を発信していきたいと

        考えています。

初診年別メインテナンス受診数

 

 

          スクリーンショット8`.png

 

        患者様を初診年別にメインテナンスを年1回以上受けている方の人数を調べた。

        2012年に初診で来院された患者様のうち、約32%の方が3年後もメインテナンスを

        受け続けていることがわかりました。

年齢別残存歯数

 

 

       スクリーンショット9`.png

 

        50歳あたりを境目に残存歯数が減少し始めることが分かりました。

        それが80歳では15本になってしまいます。

        80歳で25本の歯を残すことを目標としていますので、まだまだ厳しい数字です。