西鈴蘭台歯科クリニックの虫歯治療のご案内

西鈴蘭台歯科クリニックの虫歯治療のご案内です。

どうして虫歯になるの?

虫歯.jpg虫歯は、口の中にいる細菌(ストレプトコッカス・ミュータンス)が糖からを産生して、その酸によって歯質が溶かされる病気です。歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度の虫歯ならフッ素塗布や歯みがきなどで回復することもありますが、象牙質まで進み見た目が黒くなった虫歯は自然治癒することはありません。虫歯が神経まで進むと、神経の治療をするので治るまで時間がかかり、神経を取った歯は、もろくなります。歯がズキズキ痛む場合は虫歯が神経まで進行している場合が多いので、できるだけ早いうちの治療をおすすめします。痛くなくても半年に1度は、歯科医院で定期検診を受けると、自分では気づかない小さな虫歯の早期発見ができて、簡単に治すことができます。

痛くない虫歯治療

より痛みの少ない治療を心がけます。
痛い → 怖い → 通いたくない → 虫歯の進行

 という悪循環は患者さんのためになりません。

西鈴蘭台歯科クリニックでは痛みの軽減も治療の一部だと考えています。

 

 虫歯の治療が、怖くて痛いといった印象の多くは、麻酔注射からきていると思われます。注射で痛い思いをした後に、機械音がし始めると、誰もが「怖い」といった記憶しか残りませんよね。 しかし、当院の麻酔注射は、「いつ麻酔したの?」とおっしゃる患者様もおられるくらい、痛くありません。

当院ではソフトレーザーを導入しています

図111.jpg

当院では虫歯の診断にレーザーを使用しています。

歯にレーザーを当て、跳ね返ってくるレーザーの数値を分析することで、治療が必要な虫歯かどうかが判断できます。従来では発見できないような虫歯も探知することができ、正確な診断に貢献しています。 

虫歯はどこまで進行してるでしょうか?

虫歯の進行レベルによって治療方法は違います。どのように治療方法が変わってくるのかおおまかにご紹介します。

C0 虫歯の始まりです。

c0.jpg

表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりしますが、見た目にはほとんどわかりません。
西すずらん台歯科クリニックでは、削らずに再石灰化を促すため、歯みがき指導を徹底し、歯面研磨にて汚れ(プラーク)を落とします。必要に応じてフッ素塗布もします。

c1

c1.jpg

目に見えにくい虫歯です。歯の表面に白い斑点となって現れ、だんだんと黒ずんできます。
西すずらん台歯科クリニックでは、できるだけ大きく削らないように虫歯を取り除き、歯の色に合った白いつめ物をします。つめ物は、すき間や段差ができないように細心の注意を払って行います。

c2 冷たいものがしみる

c2.jpg

象牙質まで進んだ虫歯です。虫歯は、エナメル質(表面の硬い部分)と象牙質(内側の比較的軟らかい部分)との境に沿って横に拡がることが多く、小さな孔に見えても中で拡がっているケースも多いです。
当院では、できるだけ削らない治療と同時に、痛くない治療を心がけております。必要ならば麻酔をし(麻酔も痛くありません)、虫歯を取り除いて、つめ物をします。虫歯の大きさにより、白いつめ物(レジン)か金属か異なります

c3 しみが強く、ズキズキ痛みます

c3.jpg

歯の神経(歯髄)まで進んだ虫歯です。歯の神経は炎症を起こすと治りにくく、腐りやすいので取らざるを得ない場合が多いようです。
当院では、歯の神経をを取ってしまうと歯がもろくなってしまうため、できるだけ活かすよう心がけております。歯の神経を取らざるを得ない場合は痛くない麻酔の上、歯髄を取り除き、その空洞にお薬をつめます。さらにつめ物またはかぶせ物をします。

c4 歯の根っこしか残っていない状態(末期症状)

c4.jpg

歯の神経まで腐ってしまいます。以前治療した歯の隙間やつめ物が取れて再び虫歯になるケースもあります。
当院では、できる限り歯を抜かないことを心がけております。まずは歯の神経のあった管(根管)をきれいにし、薬をつめたら土台をたて、かぶせる治療を目指します。ただし、虫歯を取ったらほとんど歯がなくなる場合、治療しても長持ちしない場合などでは、やむを得ず歯を抜く場合もありますがその際は必ず患者様に了解を得てから行います。

歯のまわりで毎日起きていること

虫歯菌の出す酸で、歯のミネラルが溶け出す

 

これが虫歯の始まりです。

しかし、私たちの身体には、元に戻ろうとする力があり、

溶け出したミネラルは、普段はまた歯に戻ります

これをグラフで見ていきましょう

2虫歯.png 3虫歯.png 

私たちがご飯やお菓子を食べると、その中に含まれる砂糖をえさにして、プラークの中の虫歯菌がを出し始めます。すると、プラークの中が酸性になり、phが下がり出します。

 

5虫歯.png 

そして、ある限界ラインよりも酸性になると、歯のミネラル成分であるカルシウムやリンが、プラークや唾液の中に溶け出します。

8虫歯.png 

しかし、ある程度溶け出して、プラークや唾液の中のミネラルが飽和状態になると、カルシウムやリンは再び歯に戻り、phも上がって、数十分後には元通りになります。

  

11虫歯.png

私たちの歯の周りでは、ご飯やお菓子を食べる度にこの現象が起きています

 

 

12虫歯.png

おやつや食事の回数が多いと、歯のミネラルは何回も溶け出すことになります。 虫歯最後.png

お菓子や甘い飲み物をだらだら食べたり飲んだりする生活を続けていると、歯のミネラルはどんどん溶け出す一方になり、歯に戻りにくくなります。そしてついに虫歯になってしまいます。さらに歯磨きをしないで寝ると、余計に虫歯になりやすくなります。