予防歯科の目的

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。
reason_venn_01.gif小さなお子様であれば、虫歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケア正しい生活習慣に加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。

当院では適切な予防処置を行う為、個別問診票・口腔内検査・各種検査により口腔内状況を把握し、患者さんご自身にご自分のお口の中を把握していただき、予防歯科の重要性をご理解いただいた上で、ご自身の意思でお口の健康を維持していただけるよう、お手伝いさせていただきます。  

どうして予防が大切なのでしょうか?

身体の病気でいうと、風邪など感染性の病気は、回復すれば元通りの生活を送れることがほとんどです。怪我や骨折も程度によりますが元の機能を取り戻せます。人間の身体には、回復能力があるからです。
でも、悪性腫瘍(癌)や内臓の病気、糖尿病などは、手術などで取り除く必要があったり、慢性化したりして、治療を行ってもなんらかの支障が残ります。だから、病気にならないための予防が大切なんですよね。

 歯も同じです。
虫歯になった部分は再生しませんし、抜けてしまった歯が再び生えてくることもありません。
治療後も、人工物の詰め物と歯の間にどうしても隙間ができるので、再び虫歯になる危険性が高くなります。詰め物や義歯が増えるほど、その後のケアが難しくなっていくのです。
繰り返し治療を受けることになり、費用もかさみます。
歯周病は日本人の成人の80%が罹っている言われていますが、初期は自覚症状がないまま進行し、歯を失うほど悪化してから気づくことが少なくありません。

不具合が起きてから治療するのではなく、治療が必要にならないよう予防することが、歯を守る唯一の方法なのです。

痛くなったら行く歯科医院からお口の健康を守るために通う歯科医院へ

reason_graph_02.gif

上の図からお分かりのように、欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ」という考えです。

reason_graph_03.gif 

結果、グラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。生涯に渡り健康なお口で豊かな生活を送りたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

健康なお口で豊かな人生を送りたいとお考えの方へ

22.png 

年を取れば歯が抜けてしまっても仕方ないと思われている方が多いですが、実は老化ではなく主に虫歯と歯周病で抜けてしまっているのです。つまり、虫歯と歯周病になる原因を取り除くことができれば歯を失う原因はほとんどなくなります

しかし驚くことに80歳時の平均は4本で、入れ歯なしには食事ができない状態です。平均寿命が80歳にのびた今日、その事態は深刻です。

当院では予防室を設置しており、一人ひとりにあった予防型定期健診を受けていただけます。

予防型定期健診の流れ 

 @検査

321333.png

●レントゲンで、虫歯・歯肉や歯を支えている骨などをチェックします。

444444.png45.jpg
●口腔内写真(9枚法)

●歯と歯肉の隙間(ポケット)出血等の検査を行います。

 

 

 A検査の結果を説明

検査をもとにみなさま個々に合った治療の流れを説明いたします。
チェックをもとにその健康状態によって1〜5回の来院で主に以下のようなケアを行います

 ・TBI:歯のお手入れについて、あなたのお口の環境に合ったブラッシング方法、  補助用具等  の指導。
 ・歯石除去:歯にこびりついた歯石をその方に合った方法で取り除きます。
 ・PMTC:歯石除去を含む、専門家による機械を使った歯のクリーニング。

 B再評価

お手入れの効果を確認させていただく為に検査。結果によって、「検診へ」「徹底した治療へと治療計画を変更する場合もあります。安心して定期検診へ移行させていただくため、その方の状態に合わせて検診の期間を決定します。
その結果、2〜4ヶ月毎にチェック。トラブルが起こる前の、間隔で来院して頂きます。

 

 

あなたと歯科衛生士のパートナーシップがお口の健康を守ります

yobou_logo.gif歯科衛生士という資格をご存知でしょうか。

歯科衛生士は、厚生労働大臣免許の国家資格です。
専門的な予防処置や、それぞれの患者様に合わせた保健指導を行うための専門的な知識と技術を身につけた専門家として認定されています。
当院では専門の技術と知識を身につけた歯科衛生士が、歯科医師と連携してあなたのお口の健康を守ります

歯科衛生士の3つの役割

@歯科医師と連携して、問診と検査をもとに、あなたの歯と歯ぐきを健康に保つ長期的なプログラムをご提案します。

A定期的にお口の中の状態を評価し、あなたに合ったセルフケアの方法を指導します。

Bあなたが自分で取りのぞけない汚れを定期的にクリーニングし、虫歯や歯周病を予防します。

当院では予防室を設置しています

IMG_0649.jpg 

当院では予防を行うためだけの予防室をご用意しています。

治療用の歯科用チェアとは少し違って落ち着いたデザインの予防専用チェアを設置し、 美容院やエステに通うような感覚でご利用していただけるようリラックスした空間になっています。

 

ぜひあなたのお口の健康作りにご利用ください。