歯のホワイトニングのご案内

j0409655.jpg
 

西鈴蘭台歯科クリニックのホワイトニングに対する考え方

当院でははホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類の方法が可能ですが、時間をかけていただける方には、安全でより効果の高いホームホワイトニングをおすすめしています。

 

ここ数年の間、雑誌やテレビで歯のホワイトニングが取り上げられる機会が多くあり、当院でも女性だけでなく男性の方も歯のホワイトニングを希望される方が増えています。 

 

ホワイトニングは歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝や着色食品などによる歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法で、その方本来の歯の色よりも白くすることが出来ます。歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになると共に、清潔で若々しい印象を与え、あなたの魅力をより高めてくれます。

 

●歯のホワイトニングはこんな方におすすめです

●歯を白くする方法は2通りあります

●自宅でできるホームホワイトニング

●ホームホワイトニングの流れ

●白くならない歯、白くなりにくい歯

●実際の症例をご紹介します

●ホワイトニング Q&A    

歯のホワイトニングはこんな方におすすめです

 加齢変化による歯の黄ばみが気になる方(20代から黄ばみはじめます)

 遺伝による歯の黄ばみや変色が気になる方(髪・肌と同様に歯の色も遺伝します)

 今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたいと思う方

 歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい方

bridal-01.jpg 自然な色の仕上がりを希望されている方

 自分の笑顔にもっと自信を持ちたい方

 挙式を控えている方

 

 

 

 

歯を白くする方法は2通りあります

img1.gif

歯を白くきれいにすることを歯のホワイトニングといいますが、実は目的によって二通りの方法があります。

  1. ステイン除去:外因性の着色や汚れを取り除くこと
  2. ホワイトニング(ブリーチング):外因性・内因性の歯の変色を漂白すること

歯そのものの色調を白くするのは後者のホワイトニングですが、取り除くことができる外因性の着色が、事前に除去されていることがホワイトニングを行う大前提なのです。
外因性の着色とは、コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコのヤニ等が原因の歯のくすみや黄ばみのことで、これをステインといいますが、ステインはなんと成人の約8割の人に付着しているといわれています。(2006年 サンスター調べ)

自宅でできるホームホワイトニング

ホワイトニング2.png
西鈴蘭台歯科クリニックでおすすめしているホームホワイトニングは過酸化尿素という漂白剤を使います。まず歯科医院でお口にピッタリあうカスタムトレーを製作します。トレーとともに漂白剤を購入し、漂白の作業はご自身がご自宅で行います。比較的弱い漂白剤のため、知覚過敏が出にくく、白さも透明感のある自然な白さになります。

ホームホワイトニングの流れ

1回目 

@カウンセリング

 ご希望を伺いながら、まずはあなたの歯の状態、歯の色を診察し、どのようにホワイトニングをすすめていくかを決めていきます。ホワイトニングに対する疑問やご質問等あれば何でもご相談ください。

 

A検査

口腔内がホワイトニングに適した状態であるか(虫歯、歯周病など歯科的な問題がないか)目で見て診査を行います。この費用はホワイトニングの費用に含まれます。ただし、この診査によりさらに詳しい検査が必要な場合、同意を頂いた上でデジタルレントゲン等を撮影することもあります。(これは保険適用ですので、保険証をお持ちください。)

*歯科的問題とは:虫歯、歯周病、多量の歯石や着色がついている、歯並び、歯ぎしり等です。このような方は虫歯や歯周病を治してからのほうがよい場合がありますので、歯科医師とよくご相談ください。虫歯、歯周病等の疑いがある場合は、レントゲンを併用しての検査を行います。

 ※ホワイトニングができない場合

 ■妊娠中や授乳中の方

 ■知覚過敏症のひどい方

 ■無カタラーゼ症の方

 ■エナメル質・象牙質形成不全症の方

 ■エナメル質に亀裂のある歯 ・象牙質が露出している歯

B歯のクリーニング

ホワイトニングの前に歯石の除去や軽い着色を落とします。そうすることで、薬剤が浸透しやすくなるため、より白くなりやすくなります。ただし、多量の歯石や着色が着いている場合、2度に分けてクリーニングを行ったほうがよいことがあります。

Cカスタムトレーの作成

ホームホワイトニングに使用するカスタムトレー(樹脂製マウスピース)を作るための歯型をとります

    

 

2回目

   

マウスピースとホームホワイトニングキットの受け取り 2週間後にマウスピースができあがりますので、歯科医師が使い方や注意事項をご説明します。          メンテナンス 長期にわたりホワイトニング効果を持続する為に、定期的にPMTC(プロによる歯のクリーニング)や再ホワイトニング(ホワイトニング剤のみの購入でホワイトニングが可能です)を行うことで、永続的に歯を白く保ち続けることができます。PMTCは2〜4か月に一度受診されることをお勧めします。なお、PMTCは保険がききますので保険証をお持ち下さい。  

白くならない歯、白くなりにくい歯

詰め物・差し歯など人工の歯 

神経が死んでいる歯 

 ホワイトニング1.jpg

 ホワイトニング2.jpg

 ホワイトニングでは改善できません。

セラミックを被せたりして改善します

 ホワイトニングを継続することで

多少は白くなりますが神経のある

歯と若干色の差が出ます

 歯に茶色の縞模様がある

 歯がグレーに変色している

 
ホワイトニング3.jpg
 
ホワイトニング4.jpg

 ホワイトニングを根気よく続けること

で改善できる場合があります

 ホワイトニングでの改善が困難です。

ラミネートベニア法というセラミック

シェルにて白くすることが可能です。

当院の院長の症例をご紹介します

ホワイトニングを行うと、歯の白さはどのくらい変化するのでしょうか?

実際にホワイトニングを行って素敵な笑顔を手に入れた方々の実例をご覧ください

     

ホワイトニング症例集.png

32歳 男性

ホームホワイトニングを2日に1回、上下合わせて2ヶ月間頑張っていただきました。

その後は5ヶ月ごとのメインテナンスの際に後戻り予防として、

タッチアップホワイトニングをしていただいています。

  

 

  

ホワイトニング症例集2.png

23歳 男性

ご本人曰くパーティー(???)がよくあるので、歯を白くしたいとのことでした。

次のパーティーは3週間後との事でしたので、上下の歯を同時に毎晩2週間、

ホームホワイトニングを頑張っていただきました。

 

 

    

角中さんの症例.png 

35歳 女性

矯正治療で歯並びを治した後、

上下の歯にホームホワイトニングを1ヶ月間していただきました。

前歯4本は古くなった白い詰め物の色が気になるとの事でしたので、

ホワイトニング後の歯の色に合わせたラミネートベニアで対応させていただきました。

. ・・

、、、

.

.

55555.png

22歳 女性

ホワイトニングをしたいとのご希望で来院されました。

診断したところ、色の原因は「ステイン」といわれる外因性の着色であることが分かったので、プロフィーレックスによる歯のクリーニングをおこないました。 患者様はクリーニングのみで十分満足されたのでホワイトニングはおこなわずに済みました。

この患者様のように、着色の原因によっては クリーニングのみで

対応することも可能です。

歯のクリーニングについて詳しくはこちらをご覧ください

 

 

Q1 なぜ歯は変色するのですか?

変色にはさまざまな原因が考えられます。一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。また、発育期の抗生物質(テトラサイクリンなど)の服用による副作用やフッ素の使用による変色も考えられます。

Q2 安全に使用することができますか?

過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。

Q3 歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることでたいていの方は効果が現れます。

Q4 副作用はありますか?

一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。その場合も治療を一旦中断することにより症状が軽減するか消失します。

Q5 効果はどのくらい持続しますか?

個人差がありますが、処置前の状態に戻ることはまずありません。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、序々に歯に着色していきますので再度ホワイトニングが必要になりますので定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に使用してください。