こどもの予防歯科

 小児歯科.png

私には3人の子どもがいます。

子どもたちに初めて乳歯が生えてきた時の感動は今でも忘れません。 

 

「この子達の歯を虫歯から守りたい」

「笑顔が似合う歯並びの綺麗な子にしてあげたい」

 

そう強く願いしました。

 

お子様がいらっしゃる方は私と同じようにお子様の歯の健康を願っていらっしゃる方が多いと思います。

 

西鈴蘭台歯科クリニックの予防歯科はその願いを叶えるためにも、

 

 

「健康で美しい歯を育てるために

        親子で楽しく通える歯医者さん」

 

を目指します。 

 

●こどもの予防歯科の目的

●【痛くなってから行く歯医者さん】から【お口の健康を守るために通う歯医者さん】へ

●当院の予防型定期健診のご案内

●フッ素を正しく利用しましょう

●当院には親子で入れる予防室があります

     

 icon06_05.gificon06_01.gificon06_04.gif

 
 line02_04.gif

 

こどもの予防歯科の目的

17000816_T2.jpgこどもの予防歯科の目的は

 

美しく健康な歯を育てること

 

 

 「子供の歯は、どうせ生え替わるから」と言われることがありますが、乳歯はとても大切な役割を果たしています。 乳歯の時点で「かむ」という行為を通して充分な歯の活用が行われない場合、顎が正常に発育しません。 その結果、小さな顎に収まりきれない永久歯は乱れて生え揃い、矯正治療が必要になる可能性があります。 乱れた歯列は清掃の不充分さを生み、虫歯や歯周病の温床ともなってしまいます。つまり予防歯科治療を定期的に受けて、 子供の頃から正常な口内環境を維持することは、結果的には一生使える歯を育てることでもあるのです。

痛くなってから行く歯医者さんからお口の健康を守るために通う歯医者さんへ

reason_graph_02.gif

上の図からお分かりのように、欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ」という考えです。

reason_graph_03.gif

結果、グラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。大切なお子様に生涯に渡り健康なお口で豊かな生活を送ってもらいたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

当院の予防型定期健診のご案内

子供の予防.png
 

歯がはえてから1〜2年は大変『むし歯』になりやすく予防が大切な時期です。乳歯から永久歯へ歯並びも完成していく時期です。『お口の健康管理』が大変重要になります。

『お口の健康づくり』の第一歩は、子ども達自身による歯磨きと保護者による仕上げ磨き。でも、それだけでは、子どもの歯を守り育てることはできません。ご家族のみなさんと私達プロが一緒に『お口の健康づくり』に取り組むことが必要と考えております

そこで、西鈴蘭台歯科クリニックでは予防室を設置し、各々のお子様のリスクに基づいた間隔での、確実な予防型定期健診と一人一人のお子様にあった健康づくりのプランをたててお子様の『お口の健康づくり』を行いたいと考えております。

 お子様のお口の健康を守る予防型定期健診

 ●虫歯のチェック

 虫歯があれば治療について相談させていただきます

 ●TBI 

 永久歯列完成までの長期間、様々に変化する複雑なお口にあったお掃除の方法を親御さん・お子様各々に説明させていただきます。

 ●PMTC

 専用の機械を使って、日常のブラッシングだけで取りきれない汚れ   を、きれいにお掃除します。

 ●フッ素塗布

 歯質を強くするため、歯垢を着きにくくする為、必要に応じて塗布します。

 ●予防充填

 むし歯になり易い歯の溝やむし歯になり始めている歯の溝にフッ素の入った薬を流し込んで封鎖します。

 ●食事・栄養指導

 お口の中の環境を整えるために必要と考えております。


 ■「むし歯にはしたくない」、「これ以上むし歯を増やしたくない」と望まれる方に。

フッ素を正しく利用しましょう

お子様の大切な歯を虫歯から守るためにフッ素塗布をご希望される方が増えています。フッ素の役割をきちんと知った上で正しく利用すれば、虫歯予防の効果が高まります。 

 

p_10.jpgフッ素の役割は

@虫歯になりかけた歯を元に戻す

  むし歯菌によって歯からとけだした「リン」や
  「カルシウム」を再び歯に取り込むのを助けます。

A虫歯に強い丈夫な歯を作る

  歯の表面にむし歯菌の酸に強い結晶を作ります。

 

B虫歯菌の活動を抑える

  虫歯菌に酸を出さないように働きかけます。

 

フッ素は虫歯予防の名脇役といった存在です。フッ素だけでは完全に虫歯を予防することはできませんので、食生活や歯みがきなど生活習慣を気をつけ、歯科医院での定期健診もきちんと受けましょう。
フッ素塗布を受けてから30分以内は飲食やうがいができませんのでご注意ください。

 

当院は親子で入れる予防室があります

予防室って何するところ??

 

そう思われた方も多いかと思いますが、西鈴蘭台歯科クリニックの予防室は簡単に説明すると“お口のケアのためのお部屋”です。ここでは治療は行いませんので治療室とは違ってサロンのような落ち着いた雰囲気になっています。予防室では、虫歯にならないように歯磨きの指導をしたり、磨き残しを専用の機械でしっかり落としたり、フッ素を塗ったりします。

IMG_0653.jpg

広めのスペースを取っていますので、親子で一緒にお入りいただけます、赤ちゃん連れの方はベビーカーも一緒に入れるようになっています