• 西鈴蘭台駅目の前
  • 提携駐車場あり
  • 078-592-05266
  • 24時間受付WEB予約

MENU

MEDICAL

診療案内

入れ歯(義歯)

入れ歯での生活に
お悩みやストレスを感じている方へ
入れ歯がガタガタする、痛い、うまく食事ができないなど、
日々ストレスをためていませんか?
西鈴蘭台駅前の歯医者 西すずらん台歯科クリニックでは、
そんな日々の入れ歯への不満を解決するために、
患者さん一人ひとりに合う、ズレない・落ちないオーダーメイドの
精密な入れ歯をご提供しています。

一人ひとりに最適な入れ歯をご提案

*

現状のお悩みとご要望を
しっかりお伺います
どうせ入れ歯だからと入れ歯に不満を持ったまま我慢する生活を続けている方は、神戸市北区の歯医者 西すずらん台歯科クリニックにご相談ください。
入れ歯に関するお悩みは、噛み合わせの悪さからくる機能面と、見た目の悪さからくる審美面が主な問題となりますが、どちらも精密に作られた入れ歯で適切な調整が行うことができれば、すぐにでも解決できます。
不快な症状をガマンしている方へ
入れ歯のお悩みを
チェック
  • 入れ歯をはめると痛い
  • 留め具が目立って見た目が気になる
  • 硬いものが噛めず、食事を楽しめない
  • 発音が不明瞭になり、話しづらい
  • 口を開けると落ちそうになる、
    すぐ外れる
  • 入れ歯の臭いが気になる

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯医者へ足を運んでください!

保険診療と自由診療の入れ歯の違い

*

入れ歯には様々な種類があります
入れ歯には多くの種類があり、使用される素材も数多くあります。保険の入れ歯の場合、床や人工歯に使える素材がプラスチックに限られるため耐久性が低く、留め具も金属なので見た目の問題も起きてきます。一方、自由診療の入れ歯は耐久性や審美性に優れた素材を選択することができますが、費用や時間が保険の入れ歯よりもかかるといった点もあります。
それぞれの素材のメリットやデメリットなどをわかりやすくご説明させていただき、一人ひとりが納得・満足のいく入れ歯をご提供してまいります。

保険診療の入れ歯

*

保険診療の入れ歯は使える素材が限られています。人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)の素材はプラスチックやレジンなどの樹脂素材しか使うことができず、総入れ歯の場合、耐久性の問題から床部分のプラスチックには一定の厚さが必要となるため、装着時に違和感が生じたり、食べ物の温度が遮断され味や温度を感じづらくなります。
また、クラスプ(留め具)は金属のみなので、人前で大きく口を開けると留め具が目立つなどの問題もあります。

メリット
  • 保険が適用されるため費用を抑えることができる
  • 合わなくなった場合の調節が比較的容易
デメリット
  • 変色やすり減りなど耐久性が低い
  • 一定の厚みが必要なので、装着時に違和感を感じやすい
  • 食べ物の味や温度を感じにくい
  • 臭いや汚れを吸収しやすいため口臭の原因になる

自由診療(自費診療)の
入れ歯

*

シリコンや金属の床など、選択肢が豊富にあるため患者さんのご要望に合わせて、最適な素材をお選び頂けます。
部分入れ歯の場合はクラスプ(金属の留め具)がなく自然な見た目の部分入れ歯や、厚みが少なく違和感や不快感がない床を用いた総入れ歯など、保険診療の入れ歯のデメリットを解消して、使い勝手の良さや見た目の美しさを追求できます。

メリット
  • 熱伝導率に優れた金属素材なら食事の温度と味を楽しめる
  • 軽く・薄く作れる素材なら、違和感や不快感を大幅軽減
  • 自然な見た目の素材なら、一見入れ歯とは気づかれにくい
  • 変形や破損に強く、耐久性に優れている
デメリット
  • 精密な型取りや噛み合わせの確認が必要なため、保険診療の入れ歯と比べて時間がかかる
  • 保険が適用されないので費用が比較的高価になる

当院おすすめの入れ歯

  • *

    ノンクラスプデンチャー
    従来の部分入れ歯は金属のクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けることで固定していましたが、金属の部分が見えてしまう見た目の問題や、支えとなる健康な歯を傷つけてしまうという問題がありました。
    ノンクラスプデンチャーはその名の通りクラスプが無く、歯を固定する部分と床(しょう=歯ぐきとなる部分)が口腔内の色と同調する柔らかい素材でできているため自然な見た目で、残っている歯に負担をかけることもありません。
  • *

    金属床義歯
    床(しょう=歯ぐきとなる部分)が金属でできている入れ歯です。
    熱伝導率に優れているので食べ物の温度を感じやすく、食事の楽しみを損ねにくくなっています。また、保険適用の樹脂製入れ歯よりも薄く、軽くできるので、装着時の違和感も少なくて済みます。
    生体親和性の高い金属を使用することで、金属アレルギーの心配も少なくなっています。

料金表を見る

入れ歯のメインテナンス

*

入れ歯を長期間快適にご使用いただく
ために
人工物である入れ歯が虫歯や歯周病になることはありませんが、入れ歯のメインテナンスや日々のブラッシングなどのケアを怠ると、残っている歯が虫歯や歯周病になったり、汚れが溜まって口臭がひどくなることがあります。
また、歯周病が進行して歯茎が退縮してしまうとせっかくぴったりと合うように作った入れ歯もサイズが合わなくなり、作り直しが必要になってしまうことも。
入れ歯と残った歯を守って健康なお口を維持していくためにも、毎日の入れ歯の洗浄や歯磨きなどのお口のケアに加え、定期的に歯科医院にお越しいただきお口のクリーニングや入れ歯のメインテナンスを行いましょう。
  • 歯科医師採用情報
  • 歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士採用情報
ページの先頭へ戻る