• 西鈴蘭台駅目の前
  • 提携駐車場あり
  • 078-592-0526
  • 24時間受付WEB予約

MENU

MEDICAL

診療案内

お口の健康管理(定期検診)

あなたのお口の健康を
生涯にわたり守り続けるために
神戸市北区の歯医者 西すずらん台歯科クリニックでは、
写真やレントゲンといった各種検査を継続的に行ってその情報を
記録・管理することにより、
データに基づいて患者さん個々のお口の状態に合わせた、
また患者さんの未来を見据えたメインテナンスを実践しています。

健康を守り育てる歯科診療所

*

当院における全治療の根底にある、
ヘルスケア型歯科診療の証明
西鈴蘭台駅前の歯医者 西すずらん台歯科クリニックは、日本ヘルスケア歯科学会によって、患者利益となる歯科医療を実践できることが十分に証明されたとして「健康を守り育てる歯科診療所」認証審査会で認証を受けました。
来院されている方に十分な予防管理ができることをデータを持って証明し、厳密な診査により真にヘルスケア型医療を実践している歯科医院だけが認証されます。当院では開院以来スタッフ全員が一丸となり取り組んでおり、認証試験の一環としてたくさんの来院患者さんにもアンケート等に快くご協力いただきました。

*

「ヘルスケア型歯科診療」とは?
ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための行為や健康管理のこと。
当院では「ヘルスケア型歯科診療」という考え方をすべての軸に置き、将来的にできるだけ長い間健康を保つことができるような治療法を提案しております。
健康な歯をなるべく削らない・どんな治療にも最善を尽くすことはもちろん、治療後はこれ以上歯を削る・失うことのないよう患者さん一人ひとりの生涯に寄り添いながら、適切な管理・メインテナンスによりサポートし、患者さんと一緒に歯を大切に守り続けます。

定期検診が大事なワケ

*

「痛くなってから」ではなく
「痛くなる前に」
悪くなった歯を削って詰めるといった歯科治療は、あくまでも人工物で補っただけで歯を元通りに戻せたわけではありません。一度削ってしまった歯は時間の経過によって詰め物との間に隙間が出来て、そこから細菌が侵入することで虫歯が再発する可能性もあります。虫歯を繰り返すことで当然歯はどんどん減っていき、将来的に歯を失うリスクも高くなります。また、全身疾患とも関係し、歯を失う原因第一位でもある歯周病は、痛み無く進行するためご自身で気付いた時には重症化している恐れもあります。痛みや腫れといった症状が出てから歯医者に来るのではなく、何の症状がなくても健康な口腔環境の維持・異変への早期の発見対処のために定期的に歯医者へお越しいただくこと=定期検診が大切です。自分の歯を出来る限り残すことは健康寿命を延ばすことにつながります。生涯、健康で豊かな生活を送るために、今からしっかりお口のメインテナンスを行っていきましょう。
歯科医院のかかり方と残存歯数
歯科医院のかかり方と残存歯数 長崎大学・新庄教授のデータより

お口の健康管理に必要な2つのケア

*

定期的な歯科医院でのケアと

ご自宅での毎日のケアを続けていきましょう
どんなに毎日歯磨きをしていても、お口の中には時間の経過とともに、歯ブラシやうがいでは落とせない汚れ(細菌バイオフィルム、プラーク、ステイン等)が付着します。それがむし歯や歯周病、口臭の原因となります。西すずらん台歯科クリニックでは、訓練を受けた専門家(歯科衛生士)が、プロフェッショナル用の特殊な機械と材料を使用し、バイオフィルム(プラーク:歯垢)や歯石、ステイン:汚れを丁寧に除去します。そういったプロのケアで細菌量を抑え、歯ぐきの炎症や歯周病を健康な状態にリセットし、患者さんご自身のケアでその状態をなるべく維持できるよう、ご自宅での毎日のケアを正しく行うためのセルフケアサポートも行っています。

歯科医院で行う
プロフェッショナルケア

    • 各種検査・記録管理
      視診をはじめ、口腔写真やレントゲン写真の撮影、唾液検査などを定期的に行い、都度”今”の口腔環境を正確に記録していくことで、適切な予防管理を行えます。
      *
    • セルフケア指導
      毎日のセルフケアをより効果的に行うことができるよう、個々のお口にあった歯磨きの方法やケアグッズの選び方をご案内します。
      *
    • スケーリング
      (歯石取り)
      歯周病などの原因となる歯石はセルフケアでは落とすことができません。歯科医院で専門の器具を使って徹底的に除去していきましょう。
      *
  • *

    PMTC
    PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、「専門家による歯の面の機械的清掃」を意味します。虫歯や歯周病の原因となる細菌は、ネバネバの多糖体を作って歯の表面につき、大きく成長します。そんな細菌の集団が作るバリア=バイオフィルムは強力で、破壊しなければどんな薬も到達しません。歯磨きでは破壊できませんが、特殊な技術訓練を受けた専門家(歯科衛生士)が特殊な機械と材料を使うことで、歯と歯の間の細菌バイオフィルム(プラーク、歯垢)、歯石などを、徹底的に取り除くことができます。
    施術後は歯がツルツルになって汚れがつきにくくなるので予防効果も期待できます。
    PMTCの流れ
    • *

      歯垢染め出し剤で

      汚れをチェック

    • *
    • *

      フッ化物入り
      ペーストを塗布

    • *
    • *

      歯間や歯面を
      クリーニング

    • *
    • *

      歯の表面を
      ツルツルに仕上げ磨き

    • *
    • *

      フッ素塗布で
      歯質を強化

  • その他、フッ素塗布やシーラント填塞など

ご自宅で行うセルフケア
(ホームケア)

  • *

    正しい歯みがき
    自分は毎日きちんと歯みがきをしているから大丈夫…、そうお思いの方も実際は磨き残しがあることがほとんどです。また、しっかり磨こうと意識するあまり力が入りすぎて、歯や歯ぐきを傷めてしまうこともあります。
    毎日行うことだからこそ、正しい歯みがきの方法を知ることが効果的な予防へとつながります。
    POINT
    同じ歯ブラシをずっと使い続けていませんか?毛先の開いた歯ブラシでは歯や歯の隙間にしっかりと当たらず効果が半減します。歯ブラシは月に1本を目安に交換しましょう。
    • フッ素入りの歯みがき剤
      歯の再石灰化を促し、脱灰=虫歯になりやすい状態を抑えることができるフッ素配合のものをセルフケアに取り入れ、酸に溶けにくい抵抗力の強い歯を作りましょう。
      *
    • 歯間ブラシやフロスなど
      歯ブラシでは届かない歯と歯の間には汚れがたまりがちです。歯みがきの後に歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯間の汚れもしっかり除去しましょう。
      *
    • マウスウォッシュ・ジェル
      だ液の分泌量が減る就寝中はお口の中の細菌が繁殖しやすい状態になります。マウスウォッシュやフッ素ジェルでお口の中全体を殺菌し、菌の繁殖を抑えましょう。
      *
  • 歯科医師採用情報
  • 歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士採用情報
ページの先頭へ戻る