• 西鈴蘭台駅目の前
  • 提携駐車場あり
  • 078-592-05266
  • 24時間受付WEB予約

MENU

MEDICAL

診療案内

インプラント

噛む力を取り戻すことは
健康を取り戻すということ
何らかの理由で歯を失った場合、そのまま放置していると心身に悪影響を及ぼします。
西鈴蘭台駅前・神戸市北区の歯医者 西すずらん台歯科クリニックでは、
天然歯に近い強度と審美性を備えたインプラントで、
健康で快適な生活を取り戻すお手伝いをしてまいります。

インプラント治療とは

*

自然に噛める「第二の歯」をつくる治療
インプラント治療とは、あごの骨の中に純チタン製の小さなネジのような人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を固定することで噛む機能を取り戻す治療法です。
歯を失ってしまった際に、以前は入れ歯やブリッジなどで歯冠の部分までしか作ることができませんでしたが、インプラント治療では歯根まで再現することができるため、快適な噛み心地と天然歯のような美しい見た目を取り戻すことができます。

当院のインプラント治療

*

インプラント先進国のアメリカで
高いシェア率を誇るインプラントメーカー
西すずらん台歯科クリニックでは、ZIMMER BIOMET(ジンマーバイオメット)のインプラントを採用しています。
骨とインプラントとの結合を高めるために施されたインプラント表面の独自の加工技術は、インプラント周囲炎になりにくいという優れた特徴があります。

安全な埋入手術を実現するシミュレーションシステム

SIMPLANT(シンプラント)
システム
インプラント手術を安全に行うためには、CT検査で顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。さらに当院では、そのCT画像をもとに、顎の骨の硬さや密度、神経の走行位置などを解析し、インプラントを埋入する位置や角度や深さを最適な状態で行えるよう、手術前にシミュレーションができるSIMPLANT(シンプラント)システムを導入しています。
使用するインプラントの長さや太さについて最適なものを選択することができ、納得いく治療プランで施術が行えるようシュミレーションを繰り返し行い、インプラント手術の安全性を高めていきます。

料金表を見る

インプラント・ブリッジ・入れ歯との比較

*

納得のいく最適な治療法をご提案
歯を失った場合、これまでは入れ歯やブリッジが一般的な治療でしたが、周囲の健康な歯を削ったり、噛み心地や見た目の問題点で悩みを抱えているケースも多くありました。そんな従来の治療法のマイナス点をクリアするのが、インプラントによる治療です。
神戸市北区の歯医者 西すずらん台歯科クリニックでは、治療に求める理想、ご要望をお聞きし、お口やお身体の健康状況を検査した上で最適な治療法をご提案いたします。無理にインプラント治療を勧めることはありませんので、まずはお気軽にご相談ください。
  • インプラント
    *

    あごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込むことで、骨としっかり結合します。外れたりグラつく心配がなく、機能性、審美性ともに優れています。

    メリット
    • 健康な周囲の歯を削る必要がない
    • 人工歯根を埋め込むため安定感がある
    • 見た目が自然で美しい
    • きちんとメインテナンスを行っていれば長期に渡って使用できる
    デメリット
    • 保険適用外のため費用がかかる
    • 人工歯根を埋め込む外科手術が必要
    • 治療期間が長い
  • 入れ歯
    *

    人工歯のついた床(しょう)を口腔内に装着し、クラスプという金属のバネを隣合う歯にかけて安定させます。クラスプを掛ける歯に負担がかかる懸念があります

    メリット
    • 合わなくなった場合の調節が比較的容易
    • 残った歯を抜いたり削る必要がない
    デメリット
    • 噛む力が弱い
    • クラスプをかける隣の歯に負担がかかり、装着時に違和感がある
  • ブリッジ
    *

    歯を失った部分の両隣の歯を削り、橋(ブリッジ)のようになった一体型の被せ物を装着させます。しっかり固定されるので違和感はありません。

    メリット
    • 固定されるのでしっかり噛める
    • 保険が適用される事がある
    • 比較的短期間で治療が完了する
    デメリット
    • 健康な歯を削る必要がある
    • 支えになる歯に負担がかかる
    • 支えになる歯が残っていないと適用できない

インプラント治療の流れ

  • 1

    *
    カウンセリング
    神戸市の歯医者 西すずらん台歯科クリニックでは、よりよい治療の提案や納得できる治療が受けられるよう、治療前にまずはしっかりとカウンセリングを行います。歯を失ってしまった原因やインプラント治療に求めるご要望、抱えている悩みや症状などを詳しくお聞きし、インプラント治療に対する不安や疑問などに丁寧にお答えしてまいります。
  • 1

    *
    精密な検査
    安全で的確に治療するために、歯並びや噛み合わせなどの口腔内の診察から、レントゲン撮影や口腔内の写真撮影、血液検査など精密な検査を行います。
    検査結果からインプラント治療が適さないと判断する場合もございます。その際は他の適切な治療法をご提案させていただきます。
  • 1

    *
    検査結果に基づく治療計画を
    立案
    検査結果を基に治療計画を立案し、SIMPLANT(シンプラント)システムにより入念な術前シミュレーションも行います。
    詳しい治療内容や費用の事などもご説明させていただき、治療プランに納得していただけましたら、手術のための準備を行ってまいります。
  • 1

    *
    安全に手術を行うための前処置
    事前の検査により虫歯や歯周病、多量の歯石や着色汚れなど歯科的問題が発見された場合は、先にその治療やクリーニングを行って口腔内の環境を整えていきます。また、顎の骨がやせて顎骨の量が少ない場合はインプラントを固定することができないため、骨の再生治療などで顎の骨量を増やしていきます。
  • 1

    *
    インプラント埋入手術
    歯根の代わりとなるチタン製の土台を骨の中に埋め込む手術を行います。 埋め込んだあとは上から歯ぐきを被せ、骨とインプラント体が結合して安定するのを待ちます。
    安定期間は平均して2〜6ヶ月程度かかりますが、その期間中に仮歯を利用することで機能や見た目に不便を感じることなくお過ごしいただけます。
  • 1

    *
    上部構造の装着
    インプラントが骨と結合したら、その上に人工の歯を装着します。噛み合わせや見た目などに違和感がないかをしっかりと確認したら、インプラント治療は終了です。
  • 1

    *
    メインテナンス
    人工の歯が虫歯に感染する事はありませんが、土台を支える歯ぐきや骨は自分の本来のものなので、歯磨きや定期的な歯科医院でのケアなどのメインテナンスを怠ると、インプラントの境目から細菌が侵入してインプラント周囲炎を引き起こし、歯茎がやせてインプラントを固定することができなくなります。インプラントを長持ちさせるためにも、適切なブラッシングと定期的なメインテナンスを心掛けましょう。
  • 歯科医師採用情報
  • 歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士採用情報
ページの先頭へ戻る